白楊会について
ご挨拶

昭和48年に、透析医療を中心に名古屋市千種区に開業をし、現在では名古屋市名東区、岐阜県多治見市、土岐市に拠点を構え、腎疾患、糖尿病及び人工透析等の治療を中心に診療いたしております。

患者様やそのご家族を中心に、医師、看護師、臨床工学技士、メディカルソーシャルワーカー、管理栄養士、薬剤師等幅広い職種によるチーム医療を通じて、1日でも長く、楽しく、質の高い生活を送っていただけるよう心掛けております。

又、平成17年4月に介護老人保健施設を開設し、介護師、理学療法士、作業療法士などの新しい職種も加わり、介護を要する方にも笑顔と元気になる意欲を与え、自立した生活を送っていただけるように支援し、また、地域の皆様にもご満足いただけますよう努力いたしますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

このページのTOPへ
沿革と概要
昭和
48年
12月
メディカル‐サテライト・名古屋:名古屋市千種区に個人開業
昭和
52年
7月
医療法人白楊会に改組
昭和
54年
6月
白楊会診療所:名古屋市名東区に新規開設
昭和
55年
6月

10月
多治見クリニック:岐阜県多治見市に開設
白楊会診療所を白楊会病院に変更
平成
元年
12月
メディカル−サテライト・名古屋;現在の千種区田代本通へ新築移転
平成
5年
5月
多治見クリニックが現在の多治見市音羽町に新築移転
平成
9年
12月
池下白楊クリニック:名古屋市千種区に開設
平成
10年
7月
白楊会病院増築
平成
11年
5月
土岐白楊クリニック開設
平成
12年
4月
居宅介護支援事業所はくよう:白楊会病院内に開設
平成
17年
4月

4月
虹ヶ丘介護老人保健:名古屋市名東区に開設
白楊クリニック  :名古屋市名東区に開設(老健併設)
平成
17年
5月

7月

7月
虹ヶ丘居宅介護支援事業所:名古屋市名東区に開設(老健併設)
メディカル−サテライト・名古屋:入院施設を透析室へ改修
池下白楊クリニック:メディカル−サテライト・名古屋へ統合し閉鎖
このページのTOPへ
文字を小さく 文字を大きく